シラグラ≪バイアグラのジェネリック≫

病院で処方箋をもらい、調剤薬局で何気なく頂く薬は、相当な開発費や研究費などがかかっているのです。
一個の薬を作り出すために、何年、もしかすると何十年と言った研究がなされることになり、人件費だけでも相当な費用がかかることもあります。
一般の人たちが受け取る費用は、保険適用で3割負担となっており実際にはその3倍の価格が定価と言うことを忘れてはいけないのです。
このように先発医薬品と言われる薬は、非常に高くつくため同じ成分でも安価に出来る後発医薬品の研究が進むようになりました。
先発医薬品には、特許が許されることで20年近くの独占販売が出気ます。

その独占販売の期間に同様な成分で、費用をかけずに出来る薬の研究が進み、出来上がった製品を後発医薬品と呼びます。
これがジェネリック医薬品と呼ばれ、格安で販売されることになるのです。
このジェネリック医薬品の販売が認められるのは、特許期間が終了した後になります。
そんなジェネリック医薬品で人気になっているのがED薬と言われる勃起不全解消薬です。

忙しい時代で休む間もない男性ですが、女性に対しても手を抜くわけには行きません。
自分の役目をキチンと果たすためにも、この勃起不全を解消してくれる薬は頼りになるのです。
このED薬として有名になったのが、バイアグラです。

そしてこのバイアグラのジェネリック品と呼ばれるひとつが、シラグラです。

シラグラはインドで作られる医薬品なのですが、このインドでは2005年まで薬の特許を認めていませんでした。
そのためインド国内では、この期間まで多くのジェネリック品が製造されて来たのです。
これはインドの国内事情もあり、多くの国が認めて来たわけですが、2005年をもって終了しました。
バイアグラのジェネリック品であるシラグラは、効き目は同様になっています。
血流を良くする働きから海綿体の血流を増加させ、勃起を促進する効果があります。
ですがこの時、男性の精神も女性への魅力を感じる必要があります。
そんなところが、精力剤と違うところでもあります。

バイアグラと同様に食後の服用は、効き目が落ちてしまいますので、空腹時での服用がお薦めで、服用後30分ほどで効き目が表れて来ます。
持続時間は、人によって多少の誤差は生じますが、5~6時間程度と言われています。
ですが服用は、一日一回に収めることにしましょう。
もっと長い時間の持続性が必要と言う方は、別なED薬の服用をお薦めします。
そしてバイアグラともっとも違うところが、1錠当たりの単価です。

バイアグラは、通常ですと1300円から1500円ほどすると言われますが、このシラグラはその10分の1程度の150円から300円ほどで購入出来るようになっています。
このような価格差を考えると、効き目が同じであり、身体にも問題ないとなればこのジェネリック品を選ぶようになるのでしょう。
このジェネリック品の購入に関しては、海外からの個人輸入代行に頼ることが多いと思われます。
この時の業者選びだけは、信頼のおけるところを選ぶようにしましょう。

Comments are closed.