科学の力でEDを改善するシラグラ

如何に人間が知的生物であるとはいえ、本能から来る欲求を抑える事は難しい事でしょう。
食事や睡眠は生きていく上で不可欠です。
そして性欲も本能から来る基本的欲求として重要なものです。
こうした本能の欲求を制限される事はストレスに繋がります。
いつでも健全な方法で、これらの欲求を改善出来れば良いのですが、時には体の変化によってこの欲求が解消出来なくなる事もあります。
男性の性欲に関して言えば、ED(勃起不全)によって欲求を解消する事が難しくなります。
EDには様々な原因がありますが、改善方法も存在します。
ED治療薬であるシラグラの服用もその改善方法の一つなのですsilagra

 

この治療薬は科学の進歩が生み出した画期的な仕組みを持っています。
皆さんはペニスの勃起の仕組みについて考えた事があるでしょうか。

保健体育の授業などで、陰茎海綿体という言葉を聞いた事のある方は多いかもしれません。

この陰茎海綿体を構成するのは平滑筋という細胞組織です。
平滑筋の働きで勃起は上手くコントロールされています。
脳が性的な刺激を感じると平滑筋から一酸化窒素が遊離されます。
一酸化窒素は平滑筋細胞にあるグアニル酸シクラーゼ酵素を活性化させる働きがあり、これによりサイクリックGMPという信号伝達物質が増加します。
このサイクリックGMPが平滑筋を弛緩させることで、血液が陰茎海綿体に流れ込み、勃起が起るのです。
さて、この勃起を促すサイクリックGMPを分解する事で、勃起の状態を調整する物質があります。
それがPDE5という酵素です。
簡単に言うと、サイクリックGMPとPDE5の働きで、勃起は適度な状態に保たれるのです。
ところが、サイクリックGMPは年齢と共に減少してしまいます。

しかしPDE5の方は減少しないので、平滑筋内の両者のバランスが崩れてしまうのです。
これによりEDの症状が引き起こされる事がわかっています。
この様にペニスの勃起は、実は大変デリケートな仕組みを持っているんですね。

さて、シラグラの有効成分はシルデナフィルというものです。
このシルデナフィルにはPDE5の働きを阻害する効果があります。
PDE5の働きが弱まると、平滑筋内でサイクリックGMPの濃度が増えて勃起が起こりやすく、かつ維持出来る様になるのです。
ちなみに、このシルデナフィルはバイアグラの主成分でもあります。
シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品である事から、共通の主成分を持っているのです。
バイアグラ以外にも、レビトラやシアリスといったED治療薬は存在していますが、PDE5を阻害するという仕組みは全てのED治療薬に共通したものです。
シラグラはジェネリックであることから安価で購入する事が出来ます。

輸入代行業者で4錠入りを2箱纏めて購入する事で、バイアグラの3分の1程度での購入が可能となっています。
上記の通り、ED治療薬はPDE5の働きを阻害するものなので、催淫効果があるものではありません。
しかし、その効果は大変強力で、多くのEDに悩む男性の性生活に役立っています。

この様に人間の基本的欲求である、性に関する悩みは科学の進歩で解決出来る様になっているのです。

Comments are closed.