私に最適だったED治療薬シラグラ

人それぞれ性格が違う様に、医薬品にも性格的なものがあると思います。
それは性質と言い換える事が出来るでしょう。
私は自分に適したED治療薬をみつけた事で、EDの悩みを改善出来ました。
そのED治療薬とは、シラグラというジェネリック医薬品でした。
私がEDになったのは去年の事です。
いつもの様に妻とセックスしようとした所、いつもと勝手が違う様に感じました。
ペニスが上手く勃起してくれなかったのです。
また、勃起させても持続せずにすぐに萎えてしまい、その晩はセックスが行えませんでした。
その日は「疲れているから上手く勃たないのだろう」と思って諦めて寝たのですが、次の日も、またその次の日も私のペニスは勃起してくれなかったのです。
私はしばらく一人で悩む事になりました。
体力と器用さが自慢で若い頃から大工一筋でやって来た私は、大工の後輩達によく「先輩は男らしいですね」と言われていました。
EDの症状が出始めた頃から、自分が棟梁として現場を仕切る様になっていたのですが、自分を慕ってくれる後輩にEDについて相談する事も出来ず、一人悶々とする日々を過ごしていたのです。
そんなある日、以前お世話になった大工の親方と飲みにいく機会がありました。
私はその時に、親方に思い切ってEDの事を相談しました。
すると親方は「実は俺もEDに悩んでいたんだ。」
と打ち明けてくれたのです。
続けて親方は「良い薬があるんだが、お前も使ってみるか」と言いました。
その良い薬というのがシラグラだったのです。
その医薬品はバイアグラのジェネリックだという事でした。
ジェネリックというのは新薬と同じ主成分を持ちながら、安い値段で購入出来る医薬品なのだそうです。
親方がEDに悩んでいた事にも驚きましたが、その医薬品に対する知識の豊富さにも驚かされました。
シラグラの主成分であるシルデナフィルは、PDE5という酵素の働きを阻害するのだ、と親方は話してくれました。
PDE5には勃起を促すcGMPという物質を分解する働きがあるそうです。
「じゃあ、PDE5は悪者なんですか」という私の質問に親方は「そうでは無い」と応えました。
親方の説明によると、元々はcGMPとPDE5が上手くバランスを取っている事で適正な勃起が起るのだという事でした。
しかし、歳をとるとcGMPは減少してしまい、PDE5とのバランスが取れなくなってしまうらしく、この事がEDの原因になるのだそうです。
「このED治療薬はガツンと効いて俺にはピッタリだった。
お前にもお勧めするよ」と言って親方は輸入代行業者を紹介してくれました。
ED治療薬にも色々なタイプがあり、効果がマイルドな物もあるそうです。
ですが、私は親方のいうガツンと効くという言葉に惹かれてシラグラを購入しました。
治療薬が家に届いて実際に服用してみた所、その効果は高く、正にガツンと私のペニスを勃起させたのです。
妻も、私の硬く勃起したペニスを見て喜んでくれましたし、その晩は新婚時代の様に愛し合いました。
また、心配していた副作用も少なかったので、安心しました。
自分の体にはこのED治療薬が適していた様です。
私も、いつか後輩がEDに悩んでいたら、シラグラを紹介しようと思っています。

Comments are closed.