シラグラでコストを抑えたED治療薬の入手を

「シラグラ」と言うED治療薬が有ります。
ED治療薬として有名なバイアグラのジェネリック医薬品で、インドのCipla(シプラ)と言う製薬会社が製造しています。
インドは医薬品の成分に特許が有りませんので、バイアグラを製造するファイザー社に特許料を支払う必要が無く、コストを抑えて薬の製造をおこなう事が出来ます。
インドにジェネリック医薬品を製造するメーカーが多いのはこの為です。
ジェネリック医薬品の製造なら、インドが最も環境的に充実していますし、優秀なメーカーや医療技術者が多く居ますので、インドで製造された薬は信頼出来る物として世界で認知されています。
特にCipla(シプラ)は医薬メーカーとして世界的に有名です。
バイアグラを購入した事が有る方は分かるでしょうが、入手にはかなりのコストが掛かります。
薬自体も高いですし、病院での診療費も必要になりますので、日本の医療機関でED治療薬を入手しようとすると少なくないお金が必要です。
定期的に使用しようとするなら毎月かなりの負担になってしまいます。
「シラグラ」でしたらジェネリックですし、前述したようにコストを抑えて製造されていますから、安い所ですとバイアグラの10分の1の価格で購入する事が出来ます。
同成分で同効果を得られるのですから、どちらを購入した方が良いかは言うまでも有りません。

入手方法

ただ、日本国内では現在の所、ED治療薬はジェネリック医薬品が認められていません。
その為日本の医療機関でED治療薬のジェネリックを入手する事が出来ませんので、ED治療薬を入手する時には”個人輸入”と言う方法を使う他有りません。
通常は医薬品を購入する際は病院で処方箋を貰うか、薬局で免許の有る人から販売して貰うしかありませんが、個人で使用する薬に限って海外から直接輸入する事が認められています。
つまり個人輸入で購入をすれば、病院で処方箋を書いて貰わなくても薬を購入する事が出来るので、個人輸入で薬を購入する方が今とても増えているのです。

ED治療薬は飲み合わせなどに気を付け、重大な持病などが無い方でしたら特に問題無く使用する事が出来、個人輸入で直接購入をしてもあまり問題は起きません。
安易に購入するのは良くありませんが、その薬の使用方法や副作用などを理解して購入するなら、個人輸入は良い購入方法になるでしょう。
「シラグラ」も個人輸入で購入する事が出来るので、バイアグラを国内で入手する時に比べてはるかに安価で済みます。
継続して定期的に使用するとしても、月々の負担はそう大きな物にはならないでしょう。
日本でも個人輸入の認知度が高まり、一般的な物になりつつ有ります。
それに合わせて国内で個人輸入代行のサービスを行うサイトが沢山登場し、多くの人が利用する信頼出来る所も登場しています。
信頼出来る所で購入をすれば、問題なく正規品を入手する事が出来るでしょう。
ED治療薬に掛けるコストを抑えたい方は、個人輸入で「シラグラ」を購入するのが一番ですよ。

Comments are closed.